FC2ブログ

物欲センサー

以前にイラストに書いていたドレスが奇跡的なタイミングで再入荷して注文することが出来ました。

✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩
http://xxchelcyxxlilyxx.blog2.fc2.com/blog-entry-33.html?sp
✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩ ⋆ ✩
この↑↑↑記事にある
こちら↓↓↓のドレスです。



再販は絶望的と聞いていたのですが再入荷して下さいました。
10日ほどで届くそうで、とても楽しみです。


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

ドールは仲間を呼ぶ、というワードが最近頭でぐるぐるしています。

以下なんらかの欲求と闘うあまり文章の体をなしていないグダグダ問答です。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

かと言ってリリ以外にイマジナリーフレンドやタルパさんがいる訳では無いし、特に欲しいともあまり思ったことがないのでそういった目的で手に入れることはあまりなさそう。

リリの現実の体を手に入れるためとしてのお迎えはとても心躍るものですし、またそのような機会があればいいなとは考えるのですが、これはまずタルパを作るということをすればいいのか…?
その場合性格は後出しにして、まず見た目から好きな感じにカスタムして作ってしまいそうです。
しかしそもそも霊感がないのに意識的に作れるのだろうか…云々。

リリやマリちゃんはタルパで言う邂逅型で、特にマリちゃんなんかは幼稚園より前からいるからイマジナリーフレンドである可能性の方が高い。

もしくは新規作成しようとせずすでに居るIFのマリちゃんともっと仲良くなればいいのか…?

他所のタルパブログ様を拝見しているとなんかもっとこう距離が近いというかフィット感があるというか、とてもにぎやかで充実してる雰囲気があるというか…

そもそもタルパじゃなくてIFなのだとしたらはっきり見えないのが普通の場合もあるらしいしなぁ。

視覚化が出来たらそんな杞憂もなくなるのかな?
相当疲れている時じゃないとはっきり視界には見えないからなぁ…


୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧

色々考えますが、ふらーっと見に行ったドールのお店に可愛い子を見つけるとなんのバックグラウンドがなくても連れて帰りたくなることがないと言えば嘘になります。笑

ここがタルパ、またはドール沼の入口なのでしょうか…。
スポンサーサイト



エルフ耳とリンク

chelsy「リリ~つかれたよおおおー!エルフ耳のおねえさんに癒されたい…」

リリ「こうかしら?(ジャキッ)」



chelsy「ほああかわいい!癒される!いやされ…なんで弓矢もってるの…かわいいけど!」

リリ「エルフってアーチャーなイメージがあるから…あまり弓って使わないから持ってみたわ☆」

chelsy「た…たしかに…?似合うけど似合うけど…そうじゃなくてこう優しそうなエルフ耳のお姉さん希望というかなんと言うか…あれ?」

リリ「ふふふ。疲れてたみたいだからふざけてみたの。ちょっとは気分転換になるかしら?」

chelsy「気分転換にはなった!なったというかさっきまで何考えてたかすら忘れちゃったよ笑」

リリ「ならちょうどいいわね、休憩にしましょう。」ニコ

丸め込まれた気がしますが、リリにすすめられたハーブティーを啜りながらちょっと休憩することが出来て落ち着きました。

疲労困憊した人間の発する、突然のうわ言という無茶ぶりにユニークに答えてくれるリリさん大好きです。

✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄

先日の日記に謎のコメントを頂いたのですが、非公開希望で投稿していらしたこと、恐らく私は全くの無関係であると推測出来ましたことと、その場合回答はいらないとのことでしたので直接の回答はしておりません。

コメントをくださった方、お役に立てず申し訳ございません。

タルパwikiというサイト様でなにやらあるようで覗いでみたところ、当ブログもリンクに加えて頂いておりました。
何度か勉強のために覗かせて頂いたことのあるサイト様でした。
誠に恐縮でございます。
この場を借りてお礼を申し上げます。
ありがとうございます。

ただ、ほんの少しだけ気がかりなこともあります。

いわゆる、この界隈というものに私自身ほぼまったく見識がありません。
コメントを頂いたときは嬉しくてすぐお返ししているのですが、それ以外にタルパー様等との交流もほぼありません。
人見知りなだけで本当はもっとタルパー様とかともおはなししてみたいのですけどね!ね!

このブログの主人公(?)であるリリもイマジナリーフレンドとタルパのどっちつかずな存在だったりもします。
ですので、リンクして頂いたことで先日のコメントのお方同様、今後訪問してくださる方がごく稀に奇跡的にいらしたとして、あまりタルパ関係のお役に立てるかはわかりません。
恐れ入ります。

そのようなブログ(書いてる人間は人見知り、主人公はタルパなのかIFなのかはっきりしない)ですので、どうかご理解の上どうぞよろしくお願い申し上げます…!

ふおおおお



chelsy「リリ、リリ、もうすぐだよ!」

リリ「本当ね。あと20日かしら。」

chelsy「うん、あと早めに来る可能性もゼロじゃないからかなり迫ってきた感じする!」

リリ「そうなるといよいよね…
まぁ泣いても笑ってもあと20日、そわそわするけどのんびり待ちましょう。」

chelsy「うん、そうだね!
リリに着てもらいたいドレス早く仕上げなきゃ。」


リリ「今作ってるのは何のパーツなの?
お裁縫はまだよくわからないわ。」


chelsy「今はね、スカートの部分に取付けるフリルを作ってるんだけど……だけど……」

リリ「だけど?どうしたの?」

chelsy「人間用サイズがまだ届いてないから仕組みがよくわからないところがあってね…!」

リリ「あらら。」

chelsy「アクセサリーを先に作ろうにもそっちも同じ感じなんだよー」

リリ「ふーむ…それならまだ10日から20日くらいあるんだし、人間用サイズが届くのを待って確認してから作ったらどうかしら?」

chelsy「うーん、やっぱりリリもそう思う…?」

リリ「その方が時間はかかるけど確実じゃないかしら。
それに私の身体は完成から1ヶ月以内に受け取りに行ったら大丈夫なんでしょう?
だったら焦ることないわ!ニコ」


chelsy「むむむむ…わかった!
今分かる範囲でできる所は作っちゃって、そうじゃない所はもう少し待ってから作ってみる!
本当は今すぐにでも仕上げちゃいたいくらい待ちきれないんだけど…!」


リリ「知ってるわ。笑
毎日カウントダウンアプリ開いて、『今日で〇日経ったよ!!!』ってすごいいい笑顔で報告してくれた後に『あと〇日か…』って呟いたあと打って変わって形容しがたい顔でじたばたしてるのも見てるもの。笑」

chelsy「うわぁぁぁぁぁぁあ」

リリ「落ち着きのない人がいると本人は冷静になれるってあれ本当ね。笑
ふふふふ…!」

リリ「…ふふふ。
だからね、本人である私がこんなに落ち着いて待ってるんだから、あなたも落ち着きなさいな。笑
9月に来たらそれはこの上なく嬉しいけど、いつ届いたってそれは私のかけがえのないものになるんだから。」

chelsy「うー、わかったよう。
リリのお誕生日は無理でも、出会った日にプレゼントしたかったんだけど…」


リリ「まぁきっとなんとかなるわよ。
chelsyは健康面以外は最近運がいいんでしょ?」

chelsy「あ、うん、不思議となんかついてるの。」

リリ「だから大丈夫。
こんなに普段色々頑張って待ってるんだもの、ちゃんと来るわ。」


chelsy「うん、そうだね…うん!ありがとう!」

そんなわけでとうとうリリの身体をオーダーしてから70日が経ちました。
そろそろ8月も終わりに近づいています。

待ち遠しいけれど、色々な気持ちが合い重なって変な顔で悶絶するのは気を付けようと思いました。

時間が空いた時、気分転換にリリ用の椅子を磨いたり、お洋服を作ったりしているのですがこれが中々楽しいです。

はやる気持ちを抑えて、落ち着いて待ちたいと思います。

楽しみだね、リリ。

カスタムリリ

息抜きに、今季気になっていたアニメを見ました。
ダンベル何キロ持てる?はとても勉強になる上面白いです。
時間のある時にリリとも一緒にみたいです。なにか発見がありそう。

それから、ロード・エルメロイII世の事件簿。
推理物としては簡単な部類かな?と思ったのですが、魔術と言う常識離れした要素が絡んでくるのでなかなか面白いです。

ロンゴミニアドを使った戦闘シーンがとてもかっこいいので気に入りました。
あと、イギリスが舞台のものは色々と思い入れがあり、少し懐かしい気分にもなります。

ロンゴミニアドがあまりにもかっこいいので、とりあえずリリに装備してもらいました。

今日の落書き、髪型をグレイ風のおだんごにまとめてロンゴミニアドっぽいものを持ったリリちゃん。


ツインテールよりは抵抗なく…むしろかっこいいキャラクターなのでノリノリでやってくれました。
服は作りかけのドレスのデザインを一部入れてるのでわけがわからない絵になってしまいました。笑

リリ「これ悪くないわね…実用性もありそうだし、たまに使おうかしら♪」

chelsy「うん!すごく似合う!リリはどんな武器持ってもかっこいいなー」

リリ「あら、そうかしら?ありがとう。それにしてもこれなかなかいいわね…」

そんな感じで鎌をくるくる回して遊んでます。

リリに新しい装備が増えました。笑

息抜きのタイミング

気が付くと爪や指の皮を噛むくせが戻ってきてしまいます。

リリ「勉強漬けになると、やっぱりそのくせ戻ってきちゃうわね…」

chelsy「あ、うん…治したいんだけど、つい無意識になるとやっちゃう…」

リリ「今ばっかりは無理にやめようとしなくていいわよ。
気付いたら注意はするけど、無理してストレスが溜まってもだめだしね。」


chelsy「うん…ごめんね、ありがとう。
でもできるだけやめたいなぁ…もうすぐリリの身体にも触れれるようになるのに、ボロボロの指先で傷付けちゃったらやだもん…」


リリ「そうね、無理やり止めるのは良くないけど痛そうなのはやっぱり私も心配だわ。
そうね…あんまりいじりたいゲージが溜まってきたら、一緒にお風呂に入らない?
今なら時間も多少自由だし、好きな時にお風呂に入ってリフレッシュするの。」


chelsy「あ、それいいかも。
リリとお風呂入るの楽しいし、落ち着くし!」


リリ「うんうん、ラベンダーとかいい香りの入浴剤でリラックスするのもいいと思うわ。
あとね、気になってたんだけど…」


chelsy「なぁに?」

リリ「ほら、あなたって休憩取るの下手くそでしょ。ふふふ。」

chelsy「う、はい…」

リリ「あ、意地悪を言ってるのじゃないわよ?
もし私が見ててそろそろリフレッシュした方が良さそうだなーと思ったら、休憩しないかお誘いしてもいいかしら、と思って。」


chelsy「それは助かるかも…!
ついつい休まずにやっちゃうから…」


リリ「良かった!それならたまに休憩しない?って声かけるわね。
お風呂に入るほどじゃなかったら、ティータイムでも取ってゆっくり一息入れましょ。」


chelsy「うん、ありがとう!
じゃあ自分でも出来るだけちゃんと時計見ながらやるけど、リリからもまた声かけてくれると嬉しいな。」


リリ「わかったわ。無理無く頑張りましょう。」

chelsy「はーい!」

何事もペース配分が大切だとは分かっているのですが、中々難しいです。

今週はお盆で色々とイベントがあるので、勉強ばかりもしていられないと思います。
丁度いい息抜きになりそうです。

閑話休題。

エアコンが壊れていた間、軽い熱中症にかかっていました。

熱中症にかかると脱水症状が起きます。
意識的に水分をとっていたつもりだったのですが、それでもおいつかなかったようで、少しバランスを崩してしまいました。

病院の診察で少し血液の調子が良くないと言われたので、早く回復するよう水分塩分糖分をバランスよくとって、なるべくストレスを溜めない生活を心がけようと思います。

その節は心配をかけてごめんね、リリ。

(私の妄想でなければ)いつもこのブログに訪れて下さる皆様や、この記事を見ておられる奇特な方がいらっしゃいましたら、どうぞ熱中症にはとくと気を付けてくださいませ。
まだまだ残暑の陽射しは強いので、油断なさらずご自愛下さいますよう、リリ共々お願い申し上げます。

勉強の日々

ここのところ勉強に追われています。
自分で望んだ状況とはいえ、少し疲れ気味です。

明るい未来のために頑張らなきゃ。

その影響であまりリリと過ごす時間をたくさん取れていませんでした。
自分のイマジナリーフレンド(タルパ)に対してまで引っ込み思案な私は話すきっかけを作るのが元々下手です。
そんなきっかけが増えるといいな、と思ったこともこのブログを書き始めた一端でした。

普段彼女はそのへんをふわふわと飛んでいて、ピンチになったら戦ってくれて、寂しくなると話しかけてくれるという優しい妖精さんなのですが、私が意識していないときは本当に何も感じません。
良い風にとるならば、作業の妨害なんかをされることは全くありません。

爪を噛むなどよくないことをしていると、意識していなくても現れて止めてくれたりはするのですが、ここのところの忙殺っぷりでほとんどリリとお話出来ていませんでした。

そして今少しメンタル的に不安定というか、ほんのり寂しい気持ちになっているのは恐らくリリとたくさんお話する時間が取れなかったせいだと思っています。

今夜は気分転換も兼ねて少し勉強をお休みして、リリとお話出来たらいいなぁと思います。

放ったらかしてごめんね、と声をかけてみたところ、こんな答えが返ってきました。

リリ「chelsyがマイペースなのも知ってるし、私も私で結構マイペースなのよ。笑
だからそんなふうに思わなくても大丈夫。ダイブ世界みたいなところで、筋トレしたりいつかあなたと探索するためにダンジョンみたいなところをもぐったり、私は私で忙しいの。一緒に勉強したくなったらいつでも呼んでくれたら行くけど、ただでさえ勉強漬けのchelsyの脳に負担がかからないのが一番よ!」


とのことです。
どこまでもリリは強くて優しいなぁと感じました。

ありがとう、リリ。
また沢山お話しようね。
……て言うかダンジョンて何…すごい気になる…

折り返し地点



リリの身体をオーダーして50日経ちました!
90日前後で完成だそうなので、だいたい折り返し地点です。

昨日は手芸屋さんでリリのドレスの材料の追加を手に入れました。最後の段階で使う装飾の一部です。
レースの幅など、なかなか人間の3分の1サイズの小ささのものが見つからず苦労しましたが、楽しかったです。

装飾の要であるスワロフスキーのビーズの在庫が足りず、それはお取り寄せしてもらえることになりました。
後日残りの装飾を買いに行く時に受け取ろうと思います。

自分用のワンピースドレスに似せて作ろうとしているので、全く同じとはいかなくてもぱっと見おそろいくらいには出来そうです。

エアコンは直りました。

故障というより、家具の配置などの問題でした。
引越し前の家から使っていたものだったので、少し広くなってしまった新居にはややキャパシティが足りていないのも問題だそうなのですが、とりあえず生活に必要な範囲さえ冷えていればいいので買い替えはせずこのまま頑張ってもらうことにしました。
とりあえず簡単に対策をしてもらったところ大分効きがよくなったように感じます。

また時間のある時に人に手伝ってもらってピアノやバイオリンなどの場所をとる楽器類を別室に移し、風の遮蔽物になってしまっているチェストなんかを空いたスペースに置き直そうと思います。

リリが来るまでにしたいと思っていた大幅な模様替えが、ひょんなことから叶いそうです。笑

前に言っていたカーテンも、日当たりが良すぎる夏場を期に、一級遮光の黒いドレッシーなものに変えることができました。

理想のお部屋のイメージは、fate/stay nightに出てくる遠坂凛ちゃんのお部屋なので、色合いは違いますが近付けることが出来るといいなぁと思います。


スマホ版fateの凛ちゃんのお部屋のシーンです。

リリと暮らす理想のお城作りも、楽しいです。
待っててね、リリ。

あ゛つ゛い゛

部屋のエアコンが壊れました…。
早速明日修理してもらうことになりました。

室内の温度が30度を超えたのにはびっくりしました。

全国的に猛暑のようなので、熱中症には気をつけたいと思います。

最近少しずつ時間があいたときに、気分転換を兼ねてリリのドレス作りをしています。
今のところ手縫いで、上半身のベースがほぼ出来上がりました。
あとは着せ替えしやすいよう後ろ開きをちゃんと作って、スカート部分と合体させ、装飾をつけたら出来上がりの予定です。

自分のお気に入りの服屋さんの服が軒並み大きいせいで、よく小さめに少し作り替えたりしているのでなんとなく構造はわかりました。

生地のチョイスは大人っぽいものを選びましたが、可愛らしい雰囲気のものが出来上がりそうです。

上手くいくといいなぁ。
プロフィール

Chelsy

Author:Chelsy

IF(イマジナリーフレンド)、タルパについて日常などの備忘録を書いています。
目に見えないものは信じない主義だったけど、聞こえるものは信じる。
妖怪とゾンビはセーフだけど幽霊とかのおばけは怖いのでいない方向で考えたい。
オカルト、不思議な話が苦手な方はお勧めしません。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR