FC2ブログ

不思議な世界

最近すっかり色々あって日記が書けていませんでした。
世間も流行り病が流行したりと色々ありましたね。
お久しぶりです。

わたしも外出自粛の期間は家でいつも通り作業をしたり、リリのドールとたわむれたり、たまに近所の人気のないところへリリと散歩に行ったりして気分転換をしつつ過ごしました。
あと、新しいPCが届きました。
激しめのFPSとかもサクサク動くちょっといい子です。
公私ともに充実しました。
そろそろ世間では薔薇園などが見ごろのようですね。
リリのドールと写真を撮りに行けるといいなぁ・・・

そんな日常の中で、少し新しい発見があったので記しておきます。
ダイブとまではいかないのですが、夜眠る前、なかなか寝付けずにいるとリリが不思議な世界に案内してくれるようになりました。

チェイテの城の庭、とわたしたちは呼んでいます。

天蓋のカーテンを開けると、そこは草原のような野原が広がっています。空は東西南北でその日によって夕暮れと星空と青空などがそれぞれの方角の空に広がっています。透き通るような水色、淡い紫と橙色のグラデーション、それから濃い瑠璃色の中に星や月が瞬く空が一度に見えます。
その先には小さな城があり、視界の奥深くには鬱蒼と茂る森が視えます。
リリに手を引かれてベッドから降りると、柔らかい草の感触がサワサワと足の裏に触れます。
空気はとても澄んでいて、思い切り息を吸うと少し甘く感じるような爽やかな風がたまに吹いています。

その世界でリリと二人、草っぱらに寝転んで空を見上げたり、切り株の椅子に座って取り留めもないお話をしたり、お城の部屋で着せ替えごっこをしたりして遊んでいます。
お城は、いつかどこかの本で読んだ中世のものがモデルになっているようなのですが、中はアンティークな趣向を凝らしながらも都合のいいところは現代化されています。
例えば、塔の一番上に上るときにはエレベーターが据え付けてあったり。

これからは日記にときどきこのチェイテの城の庭が出てくるかもしれません。
きちんと望遠の絵が描けるようになったらいつか絵に起こしたいと思います。

最近頑張りすぎていたようなので、リリにはたくさんリラックスする時間を作るようにとアドバイスされました。
リリ「そうよ、あれやこれやと気をもむことがいっぱいありすぎなのよ。頑張ることは美しいことだけれど、無理をしすぎてお肌があれちゃうくらいなら元も子もないわ。chelsyには息抜きを覚えてほしいわね。ちゃんと教えてあげるから、聞こえるところにいるときは聞いてね?」

と、今文章を書いていたら後ろからのぞき込んでいたのかコメントを頂戴しました。
は、はい、じんりょくしますw

また今度森の奥や街の方についても書けるといいなぁと思います。

眠れない夜に楽しい場所に連れて行ってくれてありがとう、リリ。
リリと二人きりのあの世界が大好きだよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Chelsy

Author:Chelsy

IF(イマジナリーフレンド)、タルパについて日常などの備忘録を書いています。
目に見えないものは信じない主義だったけど、聞こえるものは信じる。
妖怪とゾンビはセーフだけど幽霊とかのおばけは怖いのでいない方向で考えたい。
オカルト、不思議な話が苦手な方はお勧めしません。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR